サピックス 自作教材 算数 小5 小6 食塩水

食塩水の問題(中学受験の算数)

目次

 

 

食塩水はあらゆるレベルの中学受験に出題される

食塩水の問題は、学校の難易度なんいどを問わず、中学受験でよく出題しゅつだいされます。都内の御三家ごさんけと言われるような難関校なんかんこうから、もっと偏差値へんさちの低い学校まで、どんな学校でも出題される問題です。上記の2018年の『中学入学試験問題集(みくに出版)』にのっている156校中、70校で食塩水の問題が出題されていました。これは44.8%でとても高い確率かくりつです。

 

食塩水の問題がじゅうよう要なのにはわけがある

多くの中学校で食塩水の問題が出題されるのには理由があります。それは食塩水の問題が「割合わりあいの問題」そのものだからです。つまりは『y=ax』(つまり比例ひれい)の形をしていて、これをしっかり理解できないと、中学からの数学の勉強もできません。この意味では「速さの問題」とています。受験問題を作る中学校の先生の立場たちばから見れば、食塩水の問題は生徒の資質ししつう(才能さいのうがあるかどうかをさぐる)ために最適さいてきな問題というわけです。

 

食塩水を理解するにはまず「割合わりあい」から

食塩水の問題を解くには、「割合」を理解していなければなりません。食塩水の苦手な生徒は、計算方法だけをおぼえていて、この「割合としての実感じっかんとぼしい」ために解けないのだと感じています。多くのじゅくで、食塩水の問題を小手先こてさきで教えており、それが原因で、算数が苦手な生徒が混乱こんらんしているようです。

 

「食塩水が出たら全部解ける!」を目指す

食塩水が苦手な生徒のたすけになればと、このページを作りました。「分かりやすく」というのは、「本質的ほんしつてきである」ということです。もっと言えば「一度理解すれば多くの問題に応用おうようがきく」ということです。 食塩水はけた難問なんもんは作りにくい分野ぶんやです。最初は少し面倒めんどうに感じるかもしれませんが、一つ一つ理解していけば、どんな問題でも解けるようになるはずです。「食塩水が出たら全部できる!」という自信じしんが持てるまで頑張がんばりましょう!

(Visited 3,965 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。