単位の問題 自作教材 算数 小4 小5 小6

単位の覚え方【長さ】

  • 単位の問題の中でも『長さ』についてのページです。
  • 単位の問題の中では一番簡単かんたんなものになります。

 

【長さの単位】

mm(ミリメートル)

cm(センチメートル)

m(メートル)

km(キロメートル)

長さの単位たんい基本きほん的に以上いじょうの4種類しゅるいです。

長さはm(メートル)をもとにして考えます。『m(ミリ)は1000分の1』『c(センチ)は100分の1』『k(キロ)は1000ばい』という意味ですから、m(メートル)を基準きじゅんとすると

$$1mm=\frac {1}{1000}m$$

$$1cm=\frac {1}{100}m$$

$$1m$$

$$1km=1000m$$

これが長さの単位の『定義ていぎ』です。定義とは『元々そのように決まっている』というような意味いみです。

m(メートル)がすべての基準きじゅんとなっているということと、同じmでも『ミリ』と『メートル』は別の意味だということに注意ちゅうい必要ひつようです。

 

【単位を覚えるコツ】

長さの単位にかぎったことではありませんが、単位をおぼえるときにしてはいけないことをあげておきます。

❌丸暗記・・・上にあるようなひょうを見て『〇〇という単位から△△という単位は1000倍』とか『□□という単位から◆◆という単位は100分の1倍』などというようにおぼえようとするものです。すぐにわすれてしまうのでやめましょう。

❌単位換算かんさんひょうを見えるところに・・・トイレや勉強づくえから見える場所にポスターのようなものを貼って覚えようとする方法です。単位が苦手にがてな生徒のご両親りょうしんが買ってきて貼るんですね。僕の生徒の家にもよく貼ってあります。逆効果ぎゃくこうかですので、はがしましょう。見ながらくクセがついてしまい、いつまでも覚えられません。同じように単位換算たんいかんさんできる定規じょうぎ・下じき・便利べんりグッズのたぐいも同じです。

では、どのように覚えればよいのか、2つのコツをあげます。

⭕️アルファベットの意味を覚える・・・上の【長さの単位】で説明せつめいしたように、『m(ミリ)には1000分の1という意味がある』『cには100分の1という意味がある』『k(キロ)には1000倍という意味がある』というように覚えると応用おうようがききます。その場合ばあい、『何を基準きじゅんにして1000分の1、100分の1、1000倍なのか』ということが大切たいせつになってきます。長さの場合はm(メートル)が基準になります。

⭕️イメージで覚える・・・これも重要じゅうようです。忘れないという意味では一番です。具体的ぐたいてきには下で説明します。

 

【mm(ミリメートル)のイメージ】

mm(ミリメートル)は身近みぢかに分かりやすいものがあります。

このような定規じょうぎをみんな持っているはずです。出してみてください。

定規の一番こまかい目もりがmm(ミリメートル)です

一番左の0から見て、一番短い目もりが4つあって、次の5つ目が中くらいの長さになっていますね。ここが5mmです。そして10個で数字の1が書いてあります。これが1cmになります。つまり10mmが1cmとなります。

 

【cm(センチメートル)のイメージ】

cm(センチメートル)もmm(ミリメートル)と同じで、定規じょうぎを思い出せばおおよその長さの想像そうぞうがつきますね。

また『指の太さくらいが1cm、それを10個に分けたものが1mm』と覚えてもよいでしょう。

いずれにしても数字だけでなく、実際のモノでイメージすることが大切です。

 

【m(メートル)のイメージ】

メートルもイメージしやすい単位たんいです。身長を測るときを考えるとよいです。

あなたの身長はいくつですか。140cmくらいでしょうか。140cmを『1メートル40センチ』と言うことを知っているでしょう。また『1メートル40センチ』は『1.4メートル』とも言えます。つまり1メートルが100センチなんですね。これで1メートルの長さが大体だいたいわかったと思います。

『肩くらいまでの高さが1m』『腕を軽く広げたくらいが1m』とイメージしてもよいです。

100cmが1mということが分かりました。つまり1cmが100個あつまって、1mになっています。ところで1cmは10mmと同じなので、10mmが100個あつまれば、1mになりますね。10×100=1000なので、10mmが100個は1000mmということになります。

【mm(ミリメートル)とm(メートル)を比べる】

1m=100cm、1cm=10mmなので

1m=100cm=100×10mm=1000mm

 

【km(キロメートル)のイメージ】

キロメートルはマラソンでイメージするとよいです。

学校でマラソンしますよね。1kmくらいですか?それとも2kmですか?マラソンを走り終わると疲れますよね。学校のグラウンドでまっすぐ走る50m走や100m走とは、長さが全然ちがうことがわかると思います。

そうしたイメージがあれば、「1kmって何メートルだったっけ?」と迷ったときに、「100mでは短すぎる」「10000mでは長すぎる」と感じられるようになります。100mでは短距離たんきょりそうですし、10000mは大人おとなのマラソンになります。

1kmは1000mです。2kmだとしたら2000mですね。

k(キロ)というのは1000倍という意味なので、km(キロメートル)は、m(メートル)を1000倍したものなんですね。

【cm(センチメートル)とkm(キロメートル)を比べる】

1km=1000m、1m=100cmなので

1km=1000m=1000×100cm=100000cm

(Visited 167 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。