算数 国語 理科 社会 小6 塾のテスト 過去問

サピックスの第一回志望校判定サピックスオープン(6年生)

サピックスの第一回志望校判定サピックスオープンがありましたね。

知識系のAタイプと思考力・読解力・記述力の問われるBタイプに分かれたタイプで、気づかされることも多かったかと思います。

 

サピックスに入ってみようと考えている方、サピックスのレベルを知りたい方など、今回のテストの写真のコピーがご入用の方はinfo@katekyou.tokyoまでご連絡ください(有料です)。

またサピックスのマンスリーテスト等の対策を万全にして、クラスを上げたいとお考えの方は「指導依頼について」からお問い合わせください。

 

【2018年4月度 6年生向け SAPIX 第一回志望校判定サピックスオープン 算数・国語・社会・理科 それぞれABあり 解答あり 一部不鮮明(問題文判別は可能)

 

 

【受験の目標】

受験で一番大切なことはなんでしょうか?

サピックスのクラスを上げて、アルファクラスに入って、ご近所さんに自慢することでしょうか?

勉強熱心なコミュニティに属するご両親が、そういった気持ちに駆られるのは当然のことかもしれません。

でも、子供のことを一番に考えれば、重要なのはそこではありませんよね。

 

 

言うまでもなく、受験で一番大切な目標は志望校に合格することです。

もっと大局的にいえば、しっかりものを考えられる頭を育てること、勉強習慣をつけることと言ってもいいかもしれません。

 

 

特にサピックスでは、目前のテストでクラスを上げることに必死になってしまい、暗記物を詰め込むだけの勉強になりがちなので要注意です。クラスを上げることはもちろん大切ですし、モチベーションの維持に役立つのですが、実際の難関校入試では、理科や社会などの暗記が重要と思われている科目でも、読解力や思考力が問われる問題が多ので、丸暗記の詰め込み勉強では6年生になって行き詰ってしまいます。

 

サピでの理科と社会の勉強方法について、少しだけアドバイスしようと思います。

 

 

【デイリーサピックスの表紙の写真をよく見る】

理科・社会の勉強では、デイリーサピックスの写真・図表・地図などをじっくり分析することが重要です。裏表紙の豆知識やエピソードみたいな所も大切です。読み物として熟読することで読解力も身につきますし、その教科に対する興味を育てることにもなります。しかし僕の見る限り、多くの生徒が宿題に指定されている問題を解いていくだけで、表紙や裏面を読まないままです。これはもったいないですよ!

 

 

【その場で考える】

今回のテストで面白いと思ったのは社会Bの問題で、「昔の通貨の穴が四角いのはなぜか」を答えさせる問題。こういったものは100%テキストには載ってませんよね。図を見て、自分で考えて解く問題です。こういったセンスは、4科のまとめなどで一気に知識を補填しても身につかないものです。やはり普段のデイリーサピックスを読み物としてどれだけ読み込んでいるか、あるいはテキストを離れた所で、社会に関することがらについてどれだけ関心をもって、「なぜか?」を問い続けられているか、が重要だと思います。

 

【理科・社会もテストの復習が何よりも大切】

難関校受験では理科・社会も読解力・思考力が大切です。それに合わせて、サピのテストでも丸暗記では解けないようにできています。テスト問題をじっくり復習することで、どういったところに注目して勉強すればよいか、どういう視点でニュースを見ればよいかが分かってくるわけです。

 

(Visited 147 times, 1 visits today)

1 thought on “サピックスの第一回志望校判定サピックスオープン(6年生)”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。