自作教材 国語 小6 勉強の仕方 開成 読書 地頭

【自作教材】読解力と記述力の養成 2〜小6向け〜

この教材を作った動機や教材の使用方法については教材の第1回をご覧ください。

この教材は

  • 設問に邪魔されることなく文章をたくさん読むことが大切
  • 『問題を解くテクニック』にばかりとらわれる国語の勉強は伸びない
  • 主旨をとらえることが国語の最終目的である
  • 記述問題はとにかく書くことで磨かれる

という考えのもとに作られています。

とにかく1日1題やる、ということが大切です。まだ2日分しか作ってないのですが・・・

 

 

読解課題2をPDFで印刷する場合はこちら

注意点:

  • 上の画像は一部なのでPDFの方から見てください。
  • 最後の記述問題に関しては、指示された条件を満たしていれば、内容がひどくても認めてあげること
  • 楽しんで本文を読ませることが大切で、細かい部分で理解不足があってもスルーすること
  • 読んで終わりにせず、記述問題は必ず何かしら書くこと
  • 辞書を引けと言わないこと(引きたい時は引かせる、語彙を問われたらグチグチ言わずすぐに答える)
  • 『キリンが実在しない心の中の存在』『自立の象徴』『大人になったということは自分から言うものではない』などということが書けたら最高ですが、『父親はどうせ認めてくれないから』などという感じで書いてあっても構いません。

 

出典は薄井ゆうじさんの『飼育する少年』です。開成中の過去問(平成14年:古いので過去問演習に差し支えることもないと思います)でもあります。以下の本に収録されている短編小説です。子供が少しでも気に入った風であれば猛プッシュして、本を買って、読ませてあげるようにしてください。

(Visited 112 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。