サピックス 算数 国語 小2 小3 中学受験FAQ

サピックスの入室テスト対策(2年生)

  • 2年生の途中から、あるいは3年生の最初からSAPIXに入る方向けです
  • 3年生向けの対策と基本的には同じです
  • 随時更新していきます

 

0. 目次

1. いつから塾に入れば良いのか

2. 入塾条件について

3. まずは塾に問い合わせる

4. 入塾テスト対策の基本は過去問

5. 入塾テスト対策(算数)

6. 入塾テスト対策(国語)

 

1. いつから塾に入れば良いのか

様々な考え方や各ご家庭の事情があり、一口には言えませんが、遅くとも5年の最初からだと思います。これよりも遅いと、単純に履修範囲に漏れが出ます。

3〜4年は塾に通わなくても構いません。3〜4年で習った内容は5〜6年で全てもう一度習います。ただし、5年では3〜4年の頃よりも難しくなって出てきますので、先に一度習っておくことで、スムーズに勉強を進めることができます。

3〜4年は本格的な受験勉強の助走期間です。勉強の習慣を付けたり、5〜6年の内容を簡単にしてお試しする期間なので、無理なく進めるのが良いと思います。

早くから追い込んで勉強すると、勉強が嫌いになったり、受験前に息切れしてしまいます。

いずれにしても、SAPIXに関しては3〜4年から入ろうと考える方が多く、その対策をよく依頼されます。

 

2. 入塾条件について

SAPIXはレベルが高く、人気の塾ということもあり、誰でも入れるわけではありません。入室テストを受けて、一定以上の成績をおさめることが条件になります。

入室テストは、毎月のように行われており、基本的に既に入塾している生徒が受けるものと同じです。2年生のテストは国語・算数の2教科です。新3年生向けのテストも同様です。

合格ラインというのは、その時々によって決まるとしか言えません。塾生の少ない教室では1〜2年生はかなり楽に入れ、たとえ成績が伸びなくても、そのまま6年生まで通うことができます。ただし既にたくさんの生徒を抱えている教室では、1〜2年生でも入りにくいかもしれません。

3〜4年生になると入塾テストに落ちる生徒がかなり出てきます。これも早めに受けた方が有利ですが、その年のその教室の生徒数などにもよります。SAPIXのクラス分けで一番下のクラスであるAクラスよりもよい成績を取ることを一つの目標とすればよいかと思います。

最近のある教室の生徒に聞いたところ、3年生の段階で200点満点の入室テストで95点がボーダーだったそうです。1つの目安として、5〜6割を目指せばよいのではないでしょうか。

*追記:2020年12月の新3年入室テストで、ある教室の合格ボーダーが80点だったそうです。

 

3. まずは塾に問い合わせる

「塾に入るべきか分からない」「どの塾がよいか分からない」「入塾に向け何をしたらよいか分からない」「塾での勉強の流れが分からない」など、特に中学受験の経験のない方は、どうしてよいか分からないことが多いと思います。そうした方からご連絡を頂き、ご相談にのったり、入塾対策をすることが多いのですが、まずは塾に問い合わせることをお勧めしています。

入塾テストに関しても「これを練習しておくとよいですよ」とアドバイスをくれる先生もいれば、プリントをくれる先生をいるそうです。何度も電話したり、実際に足を運んで話を聞けばよい情報を得られますし、入ってからも気をつけて見てもらえるようになります。塾でうまくやっていくコツの1つは塾の先生とよい関係を築くことです。

 

4. 入塾テスト対策の基本は過去問

入塾テストが不安な方、あるいは既に受けて不合格だった方は、やはり過去問をチェックすることが大切になります。どんな問題が出るのか分かっていなければ、対策のしようがないです。

こちらから当ブログが提供しているサピックスの入室テストなどの過去問をご覧いただけます。

僕がよくご依頼頂くように、その塾に詳しい家庭教師や個別指導で、対策するのもひとつの手です。

 

5. 入塾テスト対策(算数の傾向)

作成中

 

 

6. 入塾テスト対策(国語)

① 全体的な傾向
  • 四角1は漢字
  • 四角2は簡単な言葉の問題
  • 四角3は読解問題
② 四角1の漢字の対策

学校の漢字をしっかりやれば良いと言われています。学校の勉強に加えて、2年生用の漢字ドリルを解いて練習しましょう。

③ 四角2の言葉の問題の対策

四角2の言葉の問題は、主語述語や品詞といった文法ではなく、擬音語を入れたり対義語を選ぶようなものです。つまり勉強というよりは、センス(つまりどれだけ読書をしているか)を問われるような問題になります。

理屈ではなく、その言葉を目にしたことがなければ答えられないので、全く読書をしない子には厳しくなります。

お勧めは親子で毎日決まった量の読書をすることです。音読がお勧めです。音読する様子を見れば(聞けば)、その子がどれだけ本を読んでいるのか、どれだけ国語の問題が解けるか大体分かります。

抵抗なく読み進められれば、好きな本を読めば良いのですが、漫画や図鑑はダメです。四角3の出題は物語文ですので、物語文にしましょう。

④ 四角3の読解問題

選択問題、抜き出し問題、記述問題と出題形式が豊富です。記述問題は細かい字数指定はなくても解答を見ると50~100字になっているものが多いので、その程度の字数を抵抗なく書けるようになることが大切です。

問われるものは『なぜ』と『気持ち』が中心です。物語文の読み方を既にある程度身につけている必要があります。

⑤ 結局は読書量

問題形式に慣れることは大切ですが、蓄えてきた力が足りなければ限界があります。つまりは読書量なのですが、ここでいう読書量というのは、『幼児期からの絵本の読み聞かせ』→『親との日常会話の量と質』→『自分での読書量』を全て合わせたものになります。

一朝一夕には伸ばすことが難しいですが、これを別の方法で伸ばそうとしない方がよいです。間違っても『解答を作る良い方法論を身に付ければ、読書量が少なくてもよいはず』というビジネスのような考え方に走らないことです。一番良いのは本人が大好きなテーマの本を暗記するほど読むこと、あるいは大好きなテーマの本を戸棚いっぱいになるほど多読することです。

無理矢理1日1ページの問題集を1年間解かせるよりも、寝るのも忘れて3日で365ページの本を読み切る方がはるかに『効率的』です。好きで読めば、記憶に残りますし、ホンモノの表現に出会うこともできます。

ご両親としては、本好きにする、あるいは本を嫌がらずに読むようにすることが小学校低学年までのミッションです。本人が好きそうなものを、タイミングよくあれこれと提示して、好きになるように仕向けましょう。

何を読ませれば分からないというご両親向けに、サピの2年生のテストに出題された本を以下のページでご紹介しています。低学年向けの文章は利用できるものが少ないのか、同じ作者・同じ本から何度も出題されているので、先に読んでおくと有利になる場合があります。

小学2年生におすすめの本

 

 

(Visited 597 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。