自作教材 算数 小1 小2 地頭 先取り学習

【自作教材】小学校低学年 トーナメント戦

トーナメント戦①

pdfで教材を印刷する場合はこちらからどうぞ

【トーナメント戦①の解答】

(1) B,C,E,H

(2)G

 

トーナメント戦②

pdfで教材を印刷する場合はこちらからどうぞ

【トーナメント戦②の解答】

(1)E

(2)(Aから順に)0,2,0,0,3,0,1,1

(3)7

 

解説

トーナメントの概念は難しいので、先に説明することが必要です。トーナメントのルールが分かれば、子供にとってこの問題はとても面白いようです。

トーナメントの概念を説明する際には、じゃんけんの勝ち抜き戦をイメージしてもらいました。こんな感じです。

「小学校でも、多くの生徒から一人を選ぶときには、2人ずつじゃんけんをするよね」「2人でじゃんけんして勝った方は、他の勝った子とまたじゃんけんするよね」「で、負けた方はもうそこで終わり。それ以上じゃんけんしない」「そうやって2人ずつやっていって、最後まで勝った人が優勝。それがトーナメント戦だよ」「じゃんけんだと、人数が減ってきて、4人か5人くらいになったときに、2人ずつじゃんけんするのはやめて、残った人全員でじゃんけんしたりするけど、トーナメントはずっと2人ね」

トーナメント戦②の(3)の問題は、入試でもたまに問われるものです。1試合につき1チームが脱落していくので、トーナメント戦では(試合数)=(参加チームの数)−1になります。

(Visited 124 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。